Shiny Thing



「IMPOSING WORDS - Contemporary Family Matters is a group of work that highlight discordant keywords of contemporary Japanese family by using embroidery, a method closely associated with women. More on Homepage
Exhibition in Yanaka- HAGISO  10/16(wed)~10/27(sun)
谷中の古い民家で8人のアーティストからなるアートバイト講評団が展示をします。下町観光がてら、是非お越し下さい。
東京クローラ ーTokyo Spidering 
アートバイト講評団 (Art Byte Critique Group)
このたびアートバイト講評団(Art Byte Critique Group)の8人のメンバーはHAGISOにて、「東京クローラ」を開催いたします。アートバイト講評団はアーティスト間の対話を通じてスタジオワークを高め合うことを目的としたコミュニティです。
期間:2013 10/16 (水)—10/27 (日)
会場:HAGISO   台東区谷中3−10−25 〒110−0001 (JR日暮里・千代田線千駄木 より 5分)
時間:12:00ー21:00(10/21月, 10/22 火 休館)
レセプション:10/20(日)18:00-21:00
クラークソン瑠璃在廊日:10/25(金)他、ブログにて発表
MAP: http://hagiso.jp/access/
  「クローラ」、今回の展示のキーワードは、インターネットの技術ソフトで使われる言葉です。検索サイトがウェブ上の文章や画像を周期的に取得し、データベース化をすること技術を「クローラ」と呼びます。アートバイト講評団のメンバーは、東京というフィールドを周期的に「取得」し、自らの外的、内的な視野をアップデートしていますーまるでクローラのようにーしかし実際にこの都市に身を置いて。こうして8人は、人、モノ、空間の関係性を見いだす、探す、という創造活動を続けているのです。 Emailやライン、スカイプでの会議などバーチャルなインタラクションが多くなる社会の中、東京クローラは、実際その場にいることでしか感じ取れないもの、実際顔を突き合わせてみないと起きなかった対話が確かにあるということを思い出させます。

アーティスト:Ruri Clarkson / Arthur Huang / Deanna Koubou / Jack Norman / Lori Ono / Tanya Tanaka / Marc Tibbs / Rober Whyre

ワークショップ・イベント(無料)
10月19日 (土), 13:00 – 15:00 – HAGISOの歩く記憶 (Arthur Huang)
10月20日 (日), 13:00 – 15:00 – 落書きからキャラクター創造しましょう (Lori Ono)
10月20日 (日), 18:00 – 21:00 – 東京クローラレセプションパーティー
10月24日 (木), 13:00 – 15:00 -アーティストと一緒にかぎ針編みしましょう (Deanna Koubou)
10月25日 (金), 18:30 – 21:00 – 10月のアートバイト講評団会合 (Arthur Huang) (要予約 15名まで  artbytecritique@gmail.com)
★このイベントでは、講評会を行うため、参加される方は一つの作品持って来てください。
作品を作るためのアイディアやインスピレーションについて話しましょう。対話を通じてスタジオワークを高め合いましょう。
10月26日 (土), 13:00 – 15:00 – HAGISOの歩く記憶 (Arthur Huang)
10月27日 (日), 13:00 – 15:00 – 落書きからキャラクター創造しましょう (Lori Ono)




WEB :http://tokyospidering.wordpress.com/

Exhibition in Yanaka- HAGISO  10/16(wed)~10/27(sun)

谷中の古い民家で8人のアーティストからなるアートバイト講評団が展示をします。下町観光がてら、是非お越し下さい。

東京クローラ ーTokyo Spidering 

アートバイト講評団 (Art Byte Critique Group)

このたびアートバイト講評団(Art Byte Critique Group)の8人のメンバーはHAGISOにて、「東京クローラ」を開催いたします。アートバイト講評団はアーティスト間の対話を通じてスタジオワークを高め合うことを目的としたコミュニティです。

期間:2013 10/16 (水)—10/27 (日)

会場:HAGISO   台東区谷中3−10−25 〒110−0001 (JR日暮里・千代田線千駄木 より 5分)

時間:12:00ー21:00(10/21月, 10/22 火 休館)

レセプション:10/20(日)18:00-21:00

クラークソン瑠璃在廊日:10/25(金)他、ブログにて発表

MAP: http://hagiso.jp/access/

  「クローラ」、今回の展示のキーワードは、インターネットの技術ソフトで使われる言葉です。検索サイトがウェブ上の文章や画像を周期的に取得し、データベース化をすること技術を「クローラ」と呼びます。アートバイト講評団のメンバーは、東京というフィールドを周期的に「取得」し、自らの外的、内的な視野をアップデートしていますーまるでクローラのようにーしかし実際にこの都市に身を置いて。こうして8人は、人、モノ、空間の関係性を見いだす、探す、という創造活動を続けているのです。 Emailやライン、スカイプでの会議などバーチャルなインタラクションが多くなる社会の中、東京クローラは、実際その場にいることでしか感じ取れないもの、実際顔を突き合わせてみないと起きなかった対話が確かにあるということを思い出させます。

アーティスト:Ruri Clarkson / Arthur Huang / Deanna Koubou / Jack Norman / Lori Ono / Tanya Tanaka / Marc Tibbs / Rober Whyre

ワークショップ・イベント(無料)

10月19日 (土), 13:00 – 15:00 – HAGISOの歩く記憶 (Arthur Huang)

10月20日 (日), 13:00 – 15:00 – 落書きからキャラクター創造しましょう (Lori Ono)

10月20日 (日), 18:00 – 21:00 – 東京クローラレセプションパーティー

10月24日 (木), 13:00 – 15:00 -アーティストと一緒にかぎ針編みしましょう (Deanna Koubou)

10月25日 (金), 18:30 – 21:00 – 10月のアートバイト講評団会合 (Arthur Huang) (要予約 15名まで  artbytecritique@gmail.com

★このイベントでは、講評会を行うため、参加される方は一つの作品持って来てください。

作品を作るためのアイディアやインスピレーションについて話しましょう。対話を通じてスタジオワークを高め合いましょう。

10月26日 (土), 13:00 – 15:00 – HAGISOの歩く記憶 (Arthur Huang)

10月27日 (日), 13:00 – 15:00 – 落書きからキャラクター創造しましょう (Lori Ono)

WEB :http://tokyospidering.wordpress.com/

  1. shinything posted this